ママとしてのキャリア

【選出方法】学校によってPTA役員を辞退できる基準が違う。

PTA役員の選出方法や規約・免除規定は学校によって異なるのはご存知ですか?

規程もその時代、時代によって変わりますので『どうせ自分は免除対象ではない』と思っていても実は申請さえすれば免除をしてもらえるなんてこともあります。

私も2年前に免除規定が変わり、未就園児を自宅で保育しているということで免除申請をすることが出来ました。PTAの役員をしているという理由で免除してもらうことも可能でした。

すぐ隣の小学校だとシングルマザー・シングルファーザーも役員免除の対象になるので小学校を越境通学させている人もいます。

今回はPTA役員免除について説明していきますね。

役員免除してもらえないと思い込むのは危険。

PTAの役員の決め方も学校によって様々です。

推薦のところもあれば、自薦で決まってしまう学校もあります。またくじ引きで決める学校もあります。

 

つむぎ
つむぎ

友達の学校はだいたいやってくれる父兄が決まっていて自薦で毎年決まるそうです。

娘たちの学校はいつもくじ引きで引いてしまったが最後有無を言わせず決定です。

 

意外と役員免除の可能性はある。役員規約を絶対確認すること。

私も最初はみんな強制でくじ引きをするものだと思っていてPTA会員規約を読んでいませんでした。

でも、実は意外と役員免除してもらえる可能性があるんです。

私の場合当時妊娠中だったので実は免除対象だったんです。でも、それは誰も教えてくれません。免除対象でも免除申請しなければ他のみんなと同じようにくじを引いて当たったら最後役員決定になってしまうところでした。

役員免除は学校からは教えてもらえません。自分でしっかり読んで確認しましょう。

役員免除してもらえる可能性があるのは未就園児を自宅保育している家庭。

役員を免除してもらえる可能性が高いものとしては『未就園児を自宅保育していること』があげられます。

私もいま、この項目に該当するので免除対象です。

もちろん自己申告をしなくては対象になりません。

ここでポイントなのは『自宅保育』しているという点です。これ、保育園に通っている1.2.3歳児を持つ親は該当しないんです。

保育園に通わせている親御さんから毎年大クレームはあるそうで、来年以降は変更になるのではないかと言われています。

役員免除してもらえる可能性があるのは働いているシンママ・シンパパ。

これも対象になる人が多い項目です。

働いているシングルの親御さんは役員免除の対象になる可能性が大きいです。娘が通っている学校では免除の対象です。

これも『働いている』というのがポイントで働いていないシングルの親御さんはPTA役員の対象です。

役員免除の可能性がある上の子・下の子で役員をしている親

これは役員免除になって当然ですよね。

上の子・下の子が通っている中学や幼稚園の役員に当たっている人、もしくは私のように子供会役員は役員免除になります。

PTA役員総務に当たってしまうと週に何回か学校に行くことがあります。幼稚園の役員さんも同じように毎日のように園で仕事をしています。

どれかに該当している人は地域・自治会の同じ会議に出席することもありますし、実質不可能です。

役員免除の可能性があるのは同居家族の介護・自身に持病がある人

これは娘の学校では要相談の項目です。

同居家族の介護の状態や自身の持病の診断書の内容次第では免除になるようです。

ママ友は旦那さんがガン闘病中でPTA役員との面談の結果、免除になりました。

こういう要相談案件では診断書や面談を行って免除に該当するか決めているそうです。

つむぎ
つむぎ
きちんとした書類が必要になるので嘘は絶対にいけません。

規約には載っていないけど免除してほしいときにはPTAに問い合わせてみよう。

規約には載っていないけど免除してほしい理由があるときはPTA本部に相談してみましょう。

すぐに対応してくれる場合もあるかもしれませんし、他にも同じように困っている人がいて来年以降免除項目に入れようという流れになるかもしれません。